極上グレードのコア材を用いた42スタイルのスペシャルモデル
HEADWAY ASKA TEAM BUILD SERIES
42スタイルのドレッドノートで、トップ材にはアディロンダックスプルースを、ボディサイドバックには上質な4Aコアを採用したスペシャルなモデルです!
ハワイアンコア材はウクレレに使用する木材としてもポピュラーな木材であり、その性質は硬く、ギターにした時のサウンドも比較的明るくハリのあるサウンドが期待できます。コア材の魅力はその木目にあり、無垢材のときはやや薄い黄色味がかった色合いですが、塗装することで深みのある褐色に変化します。
サウンドに影響するブレイシングには2017年より製品化されたARS(アドバンスドリアシフトブレイシング)を採用。ノーマルの位置から若干ブリッジ側に寄せたレイアウトであり、1音1音しっかりと鳴り響き、芯のある迫力のサウンドを実現。また、位置をブリッジ側へ寄せることでトップ材に対しての丈夫さも増しています。
ヘッドウェイギターズは1977年のブランドスタートから2017年で40年目を迎えます。ギタークラフトマンの百瀬 恭夫とヘッドウェイ株式会社創業者の八塚 恵の二人がはじめた工場は、少し規模が大きくなりましたが、「ハンドメイドでより良いギターを作る」という基本の姿勢を全く変えること無く今日も稼働しています。2017年はアニバーサリーイヤーとして多くの特別モデルを制作いたします。
<ここが凄い>
★上質な42スタイルのドレッドノート
★厳選されたハワイアン・コアを採用
★ホンジュラス・マホガニーNECK
★トップにはアディロンダックスプルースを採用
★アバロンによるインレイやパーフリングの華やかな装飾
★GOTOH/SXN510V 06M GG ペグの採用
★ブレイシング材にはアディロンダックスプルースを採用
※製品の特性上、杢目・色合いは1本1本異なります。
Specifications
Body Top: Adirondack Spruce
Body Side&Back: 4A Hawaiian Koa
Neck: Honduras Mahogany 1P
Fingerboard: Ebony
Nut: Bone
Saddle: Bone
Bridge: Ebony
Machineheads: GOTOH/SXN510V 06M GG
Scale: 645mm
Width at Nut: 43.0mm
Bracing: Scalloped Advanced Rear Shift X Bracing(Adirondack Spruce)
Finish: Thin Urethane
ハードケース、六角レンチ、保証書付属
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

MENU

top_info_ban

世界的に有名な 【2018ディバイザー商談会選定品】 [#A01778] ARS/ATB HD-142KOA Headway-アコースティックギター

top_bt_c1_001
top_bt_c1_003
top_bt_c1_004
PAGETOP